【コツを紹介】アンプル瓶の開け方

容器
この記事は約3分で読めます。

無菌性を担保する必要のある薬品や試薬はアンプル瓶に保管されていることがあります。

アンプル瓶を初めて見る人は、アンプル瓶の開け方を知らないという人も多いと思います。

アンプル瓶を安全に取り扱うために、アンプル瓶の正しい開け方をご紹介します。

手順① 薬液が上部に残ってないか確認

アンプル瓶の上部に薬液が残ってないか確認します。
残っている場合は上部を軽く指で叩いて薬液を下部に落とします。

手順② くびれの部分に切り込みを入れる

手袋を装着し、くびれの部分にアンプルカッターで表面を削りながら切り込みを入れます。
うっすら傷がつく程度で十分です。
切り込みはくびれの全周入れましょう。

なお、アンプルカッターがない場合はガラス用やすり等で代用できます。

手順③ 手で引っ張ってくびれの部分を開ける

上部と下部を手で持ち、引っ張ってくびれの部分を開けます。

このとき重要なのは“引っ張る”ことです。

無理やり折るとガラス片が内部に混入してしまうことがありますので、引っ張るようにしましょう。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました